MENU

介護事務の資格はどうやって取得する事が出来る?

 

高齢化社会に伴い、介護関連の仕事は今後も需要が伸びると予想できますが、オフィスで行う介護事務の仕事にも人気が出ています。

 

介護事務とは?

介護の仕事をするには介護士の仕事が必要ですが、国家資格になるため簡単に取得できません。
介護に携わりたい場合は、民間資格の介護事務という仕事もあります。介護事務は主に、介護サービスを行っている会社や移設、病院に勤務します。
介護士は現場で直接介護をしますが、介護事務はオフィスでパソコンを使っての事務仕事がメインとなります。介護に関連する仕事には、ケアマネージャーがありますが、ケアマネージャーになるには資格の他に実務経験が必要です。
資格も段階を踏まねばならず、試験を受けるにも受験資格が設けられています。
介護事務はケアマネージャーのサポート的な業務も含まれますので、仕事を通じて介護の知識を身に付ける事ができます。

介護事務の将来性

介護事務はオフィス内での事務ワークだけでなく、介護保険に関するシステムを作成する会社で働く事も可能です。介護を受ける場合は介護保険を利用する事も多く、専門的な知識を持つ介護事務は将来性のあるところも魅力であり人気の理由です。
介護報酬請求事務を専門にしたり、ケアマネージャーのサポートをしたりと、働くスタイルもいろいろあります。
通信講座での受講も可能となっているので、働きながら資格を取得できます。民間資格の中でも比較的短期間で習得できるのもメリットです。

介護事務資格